映画「おとうと」

 姉・高野吟子(吉永小百合)は,東京の郊外で夫に先立たれたあと小さな薬局を営みながら,一人娘の小春(蒼井優)と義母の絹代(加藤治子)との三人で暮らしていました。弟・丹野鉄郎(笑福亭鶴瓶)は,大阪で大衆演劇の役者にあこがれながら,それでは食べていけないまま歳を重ねていました。

 音信不通だった鉄郎が小春の結婚式に突然現れます。兄・丹野庄平(小林稔侍)と吟子は酔っ払うと大暴したことのある鉄郎に,「今日は一滴も酒を飲まない」と約束させて披露宴に参加させましたが,鉄郎は酒を目の前にして我慢できません。兄や吟子の目の届かないところで酒を飲み大騒ぎして披露宴を台無しにしてしまいます。激怒する身内の中で吟子だけが鉄郎をかばいます。

 大阪から鉄郎に金を貸した女性が吟子を尋ねて来て,貸した金の返済を求めます。その後,吟子は家に来た鉄郎に絶縁を言い渡します。吟子はその日に鉄郎が咳をしていたことを気にしていました。

 吟子は消息不明であった鉄郎が救急車で運ばれたと聞いて大阪へ駆けつけます。そこで手術を受けた鉄郎の余命わずかと告げられます。それから,終末医療施設「みどりのいえ」でのシーンになります。ここからが見所です。……。

 また,主に吟子と鉄郎の物語ですが,並行して小春の結婚,離婚や幼なじみで大工・長田亨(加瀬亮)との再婚のストーリの進みます。

 鉄郎を演じた笑福亭鶴瓶は軽妙なしゃべりと,無邪気な笑顔など好演でした。義母役の加藤治子はさすがという演技でした。みどりのいえのスタッフ役の小日向文世,石田ゆり子も好演でした。特に,鉄郎が息を引き取った後の石田ゆり子のセリフが観客を泣かせます。現代の終末医療,看取りやターミナルケアなども盛り込まれています。

 平日の朝の上演を見ましたが,意外に観客が少なかったのが気になりました。前日が「映画の日」で入場料1000円で観ることができたのでそのせいかもしれません。

スタッフ&キャスト
 監督・脚本:山田洋次,脚本:平松恵美子,出演:吉永小百合,笑福亭鶴瓶,蒼井優,加瀬亮,小林稔侍,加藤治子,小日向文世,石田ゆり子,笹野高史,森本レオなど。

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

けんちゃん&さっちゃん
2010年02月03日 09:35
「おとうと」観られましたか、私も昨日は御天気も悪く映画に夫を誘いましたが
お神輿があがらず、あきらめました。吉永小百合、加藤治子などは別格てせすが
笹野高史、森本レオ、小日向文世など個性派の俳優が大好きです。
洋画も最近は字幕が画像の下に出て読みやすくなりました。何処の映画館もきれいで
リラックスできますね。
夢楽
2010年02月03日 09:55
けんちゃん&さっちゃん ゑ
この映画を面白く見ました。もっとストーリーに変化があるのかと思っていましたが,意外と淡々と進むものでした。
たんぽぽ
2010年02月03日 17:46
もう見られましたか?
今、話題の映画ですよね。
寒い時暑い時は、映画館で過すもの良いです。
人間の最後を考えさせられる映画のようですね。
ご紹介有難うございます。
夢楽
2010年02月03日 18:04
たんぽぽさんゑ
この映画のように見取られながら息を引き取るのがいいですね。