映画「ハッピーフライト」

画像 監督・脚本:矢口史靖の作品ということで見ることにしました。「ウオーターボーイズ」や「スイングガールズ」を見たことがあり,これらの作品と同様にユニークな題材とユーモアを期待しました。羽田発ホノルル行きのチャーター便を定刻に飛び立たせようと搭乗員や地上スタッフがそれぞれの役割に従って準備をします。そして無事に飛行機が飛び立ちます。映画館のいすに座っていながら乗客になったような気分になります。

 出演:田辺誠一,時任三郎,綾瀬はるか,吹石一恵,田畑智子,寺島しのぶ,岸部一徳など,主題歌: カム・フライ・ウイズ・ミー(歌:フランク・シナトラ)

 順調に飛行を続けて機内では食事や飲み物が出され,乗客らはフライトを楽しんでいました。ところが2時間を過ぎたころに機体の異常を発見して羽田空港に引き返すことになります。機内はもちろんのことちょうど台風が通過している羽田空港の地上スタッフも緊急着陸の準備に取り掛かります。

 この映画は喜劇かと思って映画館に入りましたが,ハラハラ・ドキドキの連続でした。機長昇格への実機での最終訓練を受ける副操縦士鈴木和弘(田辺誠一)とその試験教官の機長原田典嘉(時任三郎)とのコックピットでの緊張したやり取りが面白いです。初めての国際線フライトのキャビンアテンダント斉藤悦子(綾瀬はるか),先輩のキャビンアテンダント田中真理(吹石一恵)やチーフパーサー山崎麗子(寺島しのぶ)などが機内で活躍しましす。

 グランドスタッフやキャビンアテンダントとは乗客としてある程度わかりますが,整備士。オペレーション・ディレクター,ディスパッチャー,管制官,バードパトロールなど航空機を安全にフライとさせるためのスタッフの役割が少し分かったような気になりました。業界用語が飛び交いますから,そんな単語があるのかと思いながら見ました。

 個性的な登場人物が織りなすストーリーで観客をスクリーンに引き込んでいく感じがします。登場場面は少ないのですが,コンピュータ化に対応できないのオペレーション・ディレクター高橋昌治(岸部一徳)とグランドスタッフ木村菜採(田畑智子)を面白く見ました。斉藤悦子が田舎から羽田空港に出てきた両親との会話が広島弁でした。広島にゆかりのある矢口史靖監督のアイデアでしょうか。広島市出身の綾瀬はるかには得意の方言です。広島県人にはちょっとうれしいシーンでした。

 よくできた映画だと思います。観客動員数も「ハッピー」になるといいですね。なお,写真はこの映画とは関係ありません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント