映画「椿三十郎」

1962年に公開されされた黒沢明監督の作品を森田芳光監督がリメイクした映画です。この映画は前作の脚本をそのまま使っています。ストーリーは同じでも森田監督の演出で別な作品に仕上がっています。ストーリーがよく,ところどころにユーモアもあって面白い時代劇を見ることができました。

監督:森田芳光,原作:山本周五郎,脚本:黒澤明ほか,出演:織田裕二,豊川悦司,松山ケンイチ,鈴木杏,中村玉緒,藤田まこと,村川絵梨,佐々木蔵之介,風間杜夫,西岡徳馬,小林稔侍ほか

上役の汚職を暴こうと,井坂伊織(松山ケンイチ)ら9人の若侍が立ち上がります。そこにひとりの浪人が若侍たちの行動を見かねて手助けします。城代家老・睦田(藤田まこと)を助けようと家老屋敷に行くと家老はすでにどこかに連れ去られていて,睦田夫人(中村玉緒)と娘・千鳥(鈴木杏)は監禁されていました。浪人の機転で,睦田夫人と千鳥を助け出し,若侍の一人の屋敷にかくまいます。そこで睦田夫人が浪人に名を訪ねると咲いていた椿を見て,「椿三十郎」と名乗ります。

茶室で謀議をする次席家老・黒藤(小林稔侍),大目付・菊井(西岡徳馬),国許用人・竹林(風間杜夫)は若侍たちをおびき出す手立てを次々に考えます。若侍の行動を見透かされたように室戸半兵衛(豊川悦司)が立ちはだかります。

椿三十郎と茶室の三悪人との知恵比べがこの映画のストーリの面白さでしょう。特に,茶室での三悪人の謀議のシーンは見どころの一つでしょう。また,1対21人の殺陣も見事でした。

前作の出演者は三船敏郎,仲代達也,加山雄三などでしたが,椿三十郎と室戸半兵衛の決闘シーンをなんとなく覚えていました。テレビかビデオで数年前に見たような記憶があります。黒沢明監督の作品では血しぶきが飛ぶシーンがありましたが,この映画では音のみでした。椿三十郎と室戸半兵衛の決闘シーをモノクロのスロー再生で見せて,刀がゆっくりと弧を描きます。新しい手法のように感じました。

この映画の椿三十郎は喜怒哀楽の表情があって良かったと感じました。睦田夫人と千鳥のユーモアあふれるシーンが生きていました。森田監督と織田裕二の「椿三十郎」の方が面白い映画になっていると思いました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

たんぽぽ
2007年12月03日 17:48
こんばんは。
小田裕二の「椿三十郎」。

私は密かに「猿顔」が好みです。
小田裕二もそうです。
今日は、一日、ぱっとしない天気でしたね。

すみません、映画と関係の無い、カキコで。
夢楽
2007年12月03日 21:53
たんぽぽさん こんばんは 
役者としての織田裕二は存在感があっていいですね。本格的に寒くなってきそうです。元気に冬を乗り越えたいですね。