映画「HERO」

人気ドラマ「HERO(ヒーロー)」が6年を経過してスクリーンに帰ってきました。東京地検城西支部に着任した検事・九利生公平(木村拓哉)は芝山検事(阿部寛)が起訴した傷害致死事件の公判を任されました。被告人が犯罪容疑を認めていることから簡単な事件だと思われていましたが,刑事事件の無罪獲得率日本一の腕利き弁護士・蒲生一臣(松本幸四郎)が弁護人に就任し,第1回公判で被告人が犯罪事実を否認したことから難しい事件になりました。

困難なj事件の公判が続く中,東京地検特捜部の黛検事(香川照之)は九利生にこの事件が大物代議士・花岡練三郎(森田一義)の贈収賄事件と関係があることを告げます。事務官の雨宮(松たか子)や城西支部の仲間たちが公判維持のために新しい証拠を収集するために奔走します。証拠物件が韓国にあることを突き止めた九利生は雨宮と共に釜山に向かい韓国の検事カン・ミンウ(イ・ビョンホン)に捜査協力を求めます。

監督:鈴木雅之,脚本:福田靖,音楽:服部隆之,出演:木村拓哉,松たか子,大塚寧々,阿部寛,勝村政信,小日向文世,八嶋智人,角野卓造,児玉清,中井貴一,イ・ビョンホン,岸部一徳,国仲涼子,香川照之,森田一義,綾瀬はるか,松本幸四郎ほか

法務大臣が花岡代議士の贈収賄事件について指揮権を発動し,東京地検特捜部はその事件の捜査ができなくなります。黛検事は九利生に贈収賄事件の捜査段階で被告人が花岡代議士のアリバイ証人になっていることを明らかにします。

この映画の見せ場は九利生と証人花岡との法廷での尋問の場面です。被告人と証人花岡は両人が事件のあった日に歯科医院のあるビルで会ったといいます。被告人がその時間に当該ビルにいれば事件現場には行けませんから無罪になります。また,花岡もその時間に当該ビルにいれば贈収賄事件の現金受け渡しの現場にいなかったことになります。その時間に当該ビルにいたのは被告人なのか証人なのか。あるいは両人がいずれも虚偽の陳述をしているのか。この場面での木村拓哉の見事な演技を見ることができます。

城西支部の9人のキャラクターが面白く,裁判の行方に引き込まれるとともに,九利生と雨宮との恋の行方も面白く観客を飽きさせないストーリーになっています。また,日常では目にすることのない裁判所のシーンを興味深く見ました。出演者の演技がうまく,娯楽映画として出来の良い面白い作品だと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント