映画「舞妓Haaaan!!!(まいこはーん)」

熱狂的な舞妓ファンで,舞妓はんと「野球拳」をするのが夢という男を描いたコメディーです。
鬼塚公彦(阿部サダヲ)食品会社に勤務するサラリーマンです。暇さえあれば京都に通い舞妓の写真を撮って,それをHP「ぼんの舞妓日記」に載せていました。そんな彼は京都支社への転勤することになり,同僚の恋人大沢富士子(柴咲コウ)を捨てて赴任します。

公彦はお茶屋に行きますが,「一見(いちげん)さんお断り」という壁にはね返されます。そんな中勤め先の社長鈴木大海(伊藤四郎)から「仕事で成果を上げればお茶屋に連れて行ってやる」との言葉をもらい一生懸命に働きます。

公彦のお茶屋デビューの日に泥酔したプロ野球選手内藤喜一郎(堤真一)が入ってきて,念願の野球拳はできなくなります。公彦が内藤をライバル視して物語が進んでゆきます。一方,富士子は京都で舞妓を目指します。

監督:水田伸生脚本:宮藤官九郎,出演:阿部サダヲ,堤真一,柴咲コウ,小出早織,京野ことみ,生瀬勝久,伊東四朗,吉行和子ほか,主題歌:「お・ま・えローテンションガール」 グループ魂に柴咲コウが

阿部サダヲ,堤真一,柴咲コウなど芸達者な出演者の中で舞妓・駒子役の小出早織の存在感のある演技は見事でした。故植木等の最後の出演作品になりました。西陣の社長の役どころでひょうひょうとした演技でしたが,この作品が見収めです。

ハイテンポで進行する物語の中にホロットする場面もある喜劇です。お茶屋遊びのルールやしきたりの一端を見ることができ,観客を飽きさせない面白い映画でした。ハイテンションの映画を見終わって何かホットするところが良かったという感じです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント