夢楽の風まかせ

アクセスカウンタ

zoom RSS サーカス(広島市西区・特設会場)

<<   作成日時 : 2007/04/24 00:01   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

画像サーカスの公演を数十年ぶりに見ました。広島市西区商工センター特設会場で木下大サーカスの公演(期間:2007年3月3日から5月29日の間)が行われています。4月23日には広島公演で20万人目の入場者があり,開演の前に記念品の贈呈が行われました。象が鼻を使って花束などを小さな子供に渡しました。

10分間の休憩を挟んで2時間の公演ですが,速いテンポでプログラムが進行して,観客を引き込んでいく見事な演出でした。小学生から老人まで楽しいひと時を過ごせるショーでした。

今でもサーカスの花形は「空中ブランコ」ようで最後の演技でした。左右に人が乗る台が設置してあり,その近くにそれぞれブランコが1台あります。中央にブランコが2台あり,これに一人づつ乗って左右に揺れています。人が左右にある台からブランコを経由して中央の人の手に飛び移ります。中央のブランコが2台ありますから,多い時には4人が中央で揺れています。

初めて見たものは,「空中大車輪」や「ロシアン空中アクロバット」でした。セーフティ・ネットの張ってない演技でハラハラ・ドキドキの連続でした。観客は安全なとことで見ているのにどうしてでしょうか。

猛獣のショーは見たことがありますが,「ライオン,トラ,ヒョウ10頭による猛獣ショー」は初めてでした。種類の異なる猛獣が一つの檻に入っているのには驚きました。雌ライオンが後ろ足で立って約3メートル歩くのを初めて見ました。「キリンとシマウマ共演のサファリ・スペクタル」がありましたが,これも始めてみました。


画像大きな箱を使ったマジックでは美女がトラに変わったり,美女が一度消えて,次に現れ箱から出るとその箱の中にもう一人の美女がいたりと面白いショーでした。

途中に出てくるピエロが場内を盛り上げる技も見事でした。従来からある象の曲芸や球形の中でオートバイが走るものなどもありました。像も後ろ足で立って約3メートル歩きました。そして,1輪車の曲芸や綱渡りがなくなっていました。

サーカスも時代の変化に対応して進化しているとの印象でした。空調(冷暖房)設備が備えてあり,ドーナツ型や星型を投影するなど照明器具や音響設備も良くなっていました。

サーカスを見て感じたこと,
一般席当日券3000円,一般席前売券2700円は安いと感じました。これは「費用対効果」からの判断です。2時間楽しい時を過ごすことができました。私は映画やレンタルDVDをよく見ますが,内容に失望することもあります。「費用対時間」なら映画などほうですね。それぞれの人の価値観が異なりますから評価が分かれる事柄でしょう。

もう一点は,広島市にレトロな野球場を造る計画が進められていますが,これからの観客が雨漏り(屋根がない)はするは,「暑いの」,「寒いの」と感じるような所にわざわざ足を運ぶとは思えませんが,中途半端なものは作らない方が良いと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
「木下サーカス」楽しまれたようですね。
私は3年前?「ボリショイサーカス」を見ました。
これも楽しかったですよ。オートバイが音と共に
印象に残っています。

夢楽さん、座席は板でしたよね。背もたれはなかったですか?
そう、新しい球場も屋根がないなんて!
中途半端な球場では「入り」は悪いとおもうのですが。
たんぽぽ
2007/04/24 06:53
たんぽぽさん おはようございます。
サーカスはあまり期待していなかったので,一般席で見ました。座席は板で,背もたれもなかったです。見終わった後で正面の指定席で見ればよかったと思いました。
夢楽
2007/04/24 09:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
サーカス(広島市西区・特設会場) 夢楽の風まかせ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる